札幌 すすきの ワインバー PINOT ぶろぐ。。。 

ワガママ大歓迎♪毎日開けたてのグラスワインがとっても豊富♪
札幌市中央区南6条西3丁目 南6条通り面す 南向き
第一すすきのビル2F
011-532-2021
定休日 月曜日、第1日曜日
19:00〜1:00 (金土 2:00)(日 0:00)
24日(金)上品ブラン・ド・ノワール、2009リュリー 1er、2010シャンボール・ミュジニー

20170223_000813.jpg

2月24日(金) スペシャルグラスワイン♪

 

”あっ、ベルエポックだー” と、たまに間違われるボトルのデザイン。。。

こちらは、バロン・ドーヴェルニュです。

花は、マーガレットです、はい。

品のあるブラン・ド・ノワールです。

ブラン・ド・ノワールは、濃厚押せ押せタイプや、こてこてタイプがありがちですが、

コレは違います。

ぜひ、どうぞ!

1杯 ¥2,400 限定5杯

 

2009年 のリュリー プルミエクリュ クロ・サン・ジャック

モノポールでヴィエイユ・ヴィーニュです。

100歳の葡萄の木も混ざっているとか。

1杯 ¥2,400 限定5杯

 

ジャジャジャジャーーン!

まだ寝かせてました。

シャンボール・ミュジニー

2010

ベルナール・ミュニエ

シャンボール・ミュジニーの典型です。

このワインに強さや、豪快さは求めないでください。

1杯 ¥2,800 限定5杯

| - | 01:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
23日(木) シャンパンH、2007リュリー プルミエクリュ、ヴァンサン・ルグー ブルゴーニュ

20170223_001040.jpg

2月23日(木) の ちょっといいグラスワイン♪

(この他にも、あります。 お好みをお申し付けください)

 

シャンパンは、しっかり、はっきりタイプの味わい

キュヴェ H リシャール・シュルランです。

1杯 ¥1,800

 

2007年 リュリー プルミエクリュ クロ・サンジャック

ドメーヌ ド ラ フォリー

口に入れた瞬間から、最後まで優しい味です。

1杯 ¥1,800

 

ブルゴーニュ 2013 ヴァンサン・ルグー

いろいろと難しいブルゴーニュですが、これは、とても好評です。

お試しください。

1杯 ¥1,700

 

毎週木曜日は、21:30〜

ピアノ 生演奏 

ジャズを聴きながら、ワインをどうぞ♪

| - | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
2月21日(火)臨時休業します。

2月21日(火)

誠に勝手ながら

臨時休業致します。

 

いつも、ありがとうございます。

よろしくお願い申し上げます。

 

PINOT

 

| - | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
18日(土)1989年のサントーバン1er &サヴィニー、香るシャンパーニュ♪

20170218_042245.jpg

2月18日(土)のスペシャルグラスワイン♪

 

香りが、香りが、香りがいいシャンパーニュです。

プルミエクリュの風格あります。

1杯 ¥2,000

見たことないラベルかもしれません。

某有名メゾンから独立した人が始めたメーカーです。

日本、初輸入。

 

1989年、皆さん、どこで何してましたか?

28年前って、簡単に思い出せませんねぇ。

こんなワイン飲みながら、思い出してみてください♪

 

1989 サントーバン 1er クリュ フリオンヌ

クレルジェ。

1杯 ¥2,400(ハーフサイズ ¥1,200) 限定5杯 

もうこのドメーヌはありません。

ドメーヌの在庫に残っていたものが出荷されました。

当店で3年寝かせてます。

もうシェリーやブランデーのような香りもします。

まだ、どこかフルーツを思わせるニュアンスもあります。

 

1989 サヴィニー・レ・ボーヌ

1杯 ¥2,500 限定5杯

これは、2014年4月に中身をチェックして出荷されてます。

その時に、”リコルク”と言って、コルクも取り換えられています。

先日は、この1989年が生まれ年というお客様と、その楽しいお友達が開けてくれました。

その空きビンも持って帰ってくれました。

自分の生まれ年のワインを飲めるのは、貴重な経験ですよね。

 

| - | 04:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
2月17日(金)98ヴォーヌ・ロマネ、2011シャサーニュ 1er クリュ、エクセレンス ゴッセ

20170216_190519.jpg

2月17日(金)

 

1584年創業のシャンパーニュ・メゾン

ゴッセ。

その限定ラベル ”430年記念”。

1杯 ¥2,000

 

シャサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ アン・レミリィ

2011

ブリューノ・コラン

あのグランクリュ”シュヴァリエ・モンラッシェ”の上部に位置する斜面として

とても人気のプルミエクリュです。

飲みましょう。

1杯 ¥2,500 限定5杯

 

ヴォーヌ・ロマネ 

1998 

ベルナール・マルタン・ノブレ

”カタイ年”1998年。

それだけ熟成にも耐えられる骨格があります。

今年2017年、そろそろ飲むタイミングでしょう♪

1杯 ¥2,800 限定5杯

| - | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
11日(土)プチ・コルトンシャルルマーニュ、2009サントネ1er クリュ、ドゥーツ ブリュット クラシック

 

20170210_002247.jpg

2月11日(土)

何層にも重なる味わいあるシャンパーニュです。

ドゥーツ ブリュット クラシック

1杯 ¥2,300

 

”プチ・コルトン-シャルルマーニュ”の畑

特級コルトン-シャルルマーニュに隣接の畑からのシャルドネ。

飲みごたえ十分です。

ラドワ ボワ・ド・グレション 2012 シルヴァン・ロワシェ

1杯 ¥2,000 限定5杯

 

2009 サントネ プルミエクリュ パスタン / クロ・ベルフォン

コレの2002年が、とても良い味わいでした。

今回は、2009年と少しだけ若くしてみます。

(といっても、8年前ですが)

1杯 ¥2,500 限定5杯

| - | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
10日(金)アンリ・ビリオ、2004ニュイ 1er ヴォークラン、2013リュリー 1er ルフレーヴ&A

20170208_234540.jpg

2月10日(金)スペシャルグラスワイン♪

 

シャンパーニュ グランクリュ アンボネ

アンリ・ビリオ

香ばしさがグラスから昇ってきます。

味わいも、いろんな要素が、後から後から駆け抜けます。

1杯 ¥2,200 

 

”ルフレーヴと、その仲間たち”が造る

リュリー村 1級畑のブレンドです。

樹齢90年! のシャルドネからの深い味わいに納得できます。

1杯 ¥2,400 限定5杯

 

ある夜、あるお客様から

「これ知ってるかー!」と興奮して携帯の写真を見せられました。

「さっき飲んで相当良かったぁ」と見せてくれました。

そのワインを見つけることができたので、登場です。

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエクリュ ヴォークラン 2004 アラン・ミシュロ

1杯 ¥2,500 限定5杯

| - | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
ブルゴーニュブルゴーニュ

20170207_200120.jpg

BOURGOGNE BOURGOGNE BOURGOGNE BOURGOGNE BOURGOGNE

 

どれもACブルゴーニュです。

当店で、オススメしたいもの達を並べました。

偶然ですが、全部2013年でした。

 

「ブルゴーニュワインて、ワカラナイ」

「ハズレてばっかりブルゴーニュ。。。」

「何を買ったらいいのさ」 と、

毎週のように聞かれます。

 

好きなドメーヌを見つけるのが1つの大きな目標になります。

が、ブルゴーニュ中にある、2,000〜3,000軒のドメーヌから探すのは、無理。

そこで、ACブルゴーニュ級のものから、いろいろ試してみては、いかがでしょうか。

 

その次の段階としては、そのドメーヌの得意としている村・産地を集中的に飲んでみましょう。

 

その、また次の段階では、ヴィンテージに注意したり、格上の村名クラス、一級畑クラスにステップアップして行けます。

 

「なんとなーく、わかった気がする」ようになるのは、

たぶん、普通のペースで飲んで、3−5年でしょうか。

 

ワインショップや、酒屋さんの相性の良い店の、親切なヒトを捕まえて教えてもらいましょう。

こちらの好みを伝えて選んでもらうのが結局ハズレにくいです。

10回に2−3度の割合で”アタリ”が出たら、確立的には十分です。

| - | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
ほやほやサイン by オリヴィエ・ジュアンさん

20170206_173404.jpg

かっこいいサインは

つい1時間前に書いてもらえました。

 

モレ・サン・ドニからオリヴィエ・ジュアンご夫婦がご来店!

輸入元さんの試飲会場でした。

 

「葡萄の房の軸を10-15%ほどつけたまま醸造することで、葡萄の実に含まれる酸味が取り除く効果がある」

「クローン樹を使うのが大半のドメーヌだけど、ウチは代々の畑の中からの良い葡萄の樹を選んで残していくんだ」など

こだわりのあるワイン造りのお話も聞けました。

 

ブルゴーニュ、オート・コート・ド・ニュイ、モレ・サン・ドニ2種、シャンボール・ミュジニーの試飲会。

主に2013年の比較。

2014年のブルゴーニュ赤も、ウケてました。

オリヴィエ・ジュアンさん曰く、

「2014年は、丸みがあって果実感のある味」

「2013年は、酸がある年」

 

サイン入りボトルは、十数本あります。

ぜひ、開けてください!

| - | 17:46 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
サングリアの中身は、、、

 

 

20170205_015320.jpg

 

「ワインバーのサングリア」という飲み物が、当店にはあります。

 

これらのワインを混ぜて、

オレンジ、イチジク、レーズンを漬けて、味がなじんだ頃にご提供。

 

ワインのバランス次第で味が決まります。

今回は、アイスワインになれなかった甘口デザートワインを多めに使いました。

甘さのコクが違います。

なるべく砂糖は入れてません。

 

「ワインは苦手なんです」という方が、ご注文するケースが多いのですが、

中身は、ワインのブレンドなのです、はい。

| - | 01:54 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode