札幌 すすきの ワインバー PINOT ぶろぐ。。。 

ワガママ大歓迎♪毎日開けたてのグラスワインがとっても豊富♪
札幌市中央区南6条西3丁目 南6条通り面す 南向き
第一すすきのビル2F
011-532-2021
定休日 月曜日、第1日曜日
19:00〜1:00 (金土 2:00)(日 0:00)
ブリー&ブリー

 

 

20170524_190010.jpg

 

ただ今、入荷♪

 

兄ブリー

 

弟ブリー

 

 

弟の方が熟成期間が長く、引き締まってます。

兄は、普通です。

| - | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
26日(金)バランスという名のシャンパン、アルザス グランクリュ 2011、ニュイ プルミエクリュ 2012

 

 

20170523_193155.jpg

 

5月26日(金)に開けます♪

 

”エキリブル(意味 バランス)”という名前のシャンパンです。

ワインを飲んでおいしいと思える時は、自分好みのバランスが基準になっているはずです。

いろいろな味の要素を感じますが、バラバラな印象はありませんでした。

試飲会で味見する機会がありました。 ”○印” つけてます。

1杯 ¥2,500  限定 5杯

 

アルザス グランクリュ ”ブランド”

2011

シャルル・スパー

品種のブレンド : ピノ・ブーロ(ピノ・グリ) 70%、ピノ・グリ20%、リースリング5%、ピノ・ブラン5%

1杯 ¥2,200 限定5杯

 

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエクリュ ”アン・リュー・ド・ショー”

2012

ベルトラン・アンブロワーズ

1杯 ¥2,600  限定5杯

 

お待ちしております!

よろしくお願いいたします!!

 

 

 

| - | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
25日(木) シャンパーニュ ブラン・ド・ブラン、アルザス リースリング グランクリュ、ニュイ・サン・ジョルジュ 2011 

 

 

 

20170523_193013.jpg

5月25日(木)

 

「誰が飲んでも、おいしいのではないか」と思ってしまう

ブラン・ド・ブランのシャンパンです。

繊細で、キレイな味わいです。

1杯 ¥2,300 限定5杯

 

アルザスのグランクリュです。

アルザス南部のグランクリュ”ツィンコッフレ”

地図を見ると急斜面が、そのまま畑に。

1杯 ¥2,000  限定5杯

 

ニュイ・サン・ジョルジュ ”レ・ポワセ”

2011 アルヌー・ラショー

優しいワインができた年 2011年、力強いニュイ・サン・ジョルジュ産です。 
1杯 ¥2,600  限定5杯

 

| - | 19:33 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
5月23日(火) 超辛シャンパン、格上ブルゴーニュ、アルザス リースリング

20170522_002314.jpg

 

5月23日㈫に開けたいワインの一例です♪

 

暑くなってきたので、エクストラブリュット(訳 : 超辛口)な

シャンパーニュ  ゴッセはいかがでしょう。

1杯 ¥1,900

 

ブルゴーニュの良年2012年です。

このACブルゴーニュですが、格上かと思うほどの味わいがあります。

ブラインドで出すと、

「サントネでしょ」

「マルサネ?」などと言われました。

1杯 ¥1,900 限定5杯

 

札幌の5月、6月は、アルザスワインをどうぞ!

香りの清涼感、果実感、酸味の爽やかさ

一体、今飲まなくてどうするの、と思います。

アルザス リースリング 

2015

エリック・ロマンジェ

1杯 ¥1,500 限定5杯

 

| - | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
20日(土)初輸入シャンパン、2008 ボーヌ プルミエクリュ、豪華シャブリ

 

20170520_173606.jpg

 

4000人の個人顧客に売って完売していたシャンパンだそう。

それが、日本に輸入できるのは、EUの不況のおかげ、だとか。

複雑ですが、それも機会の1つでしょうか。

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30% のグランクリュ シャンパンです。

初めて開けます。

ドキドキします。

1杯 ¥2,500 限定5杯

 

2008年のボーヌ プルミエクリュです。

ボーヌには、山ほどプルミエクリュがあります。

千差万別、ピンからキリまでな畑たち。

生産者や輸入元を選べば、良い1本に出会えます。

これが、そうです。

1杯 ¥2,400  限定5杯

 

そして、シャブリ

30区画ものブレンド!

そこからくる複雑さは、ACシャブリクラスを越えています。

創業して約100年の葡萄栽培家が、ワインを自社で作り始めたばかり。

この味わいには、びっくりです。

1杯 ¥1,800 限定5杯です。

 

よろしくお願いいたします。

| - | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
ジュブレ・シャンベルタン

20170518_182736.jpg

5月18日(木)

 

「そうだ、ジュブレ・シャンベルタンを開けよう♪」と思ったので、黒板に書きます。

一杯2400円 限定5杯です。

これくらいの熟成加減は早いかなとも思いましたが、先月ボトルで開けたときは、好評でした。

| - | 18:30 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
19日(金)シャンパン”黒い泡”、白モレ・サン・ドニ、赤シャサーニュ フィリップ・コラン

20170517_221109.jpg20170517_221109.jpg20170517_221109.jpg

 

5月19日(金)に開けます、スペシャルグラスワイン♪

(他にも、いろいろ開けていきます!)

 

”黒い泡”という名前のシャンパンです。

グランクリュ ヴェルジ村 ピノ・ノワール100%。

ブラン・ド・ノワール(黒ブドウのみ使用の白いシャンパン)です。

EU内の個人顧客中心への販売を貫いていたメーカーだそう。

輸出は、たったの10%だけ。

先代に「何度も電話を切られた。。。」とは、日本の輸入元さん。

代替わりして、日本への輸出が開けました。

なので、初めて見るラベルです。

1杯 ¥2,400

 

モレ・サン・ドニ村の白です。

ほとんどが赤ワインの生産ですが、ごく少量の白ワインも。

モレ・サン・ドニ ”ピエール・ヴィラン”  

2012年

フィリップ・エ・ヴァンサン・レシュノー

クロ・ド・ラ・ロッシュの上の斜面にあるのが、モン・リュイザン。

そのモン・リュイザンの上の斜面が、ピエール・ヴィラン畑です。

1杯 ¥2,200 限定5杯

 

エレガントなワインを造るブリュノ・コランさん

シャサーニュ・モンラッシェ プルミエクリュ ラ・マルトロワ

2012年

1杯 ¥2,600  限定5杯

シャサーニュは、赤ワインの村だという事が、最近ワインを飲んで再確認しています。

知名度では白ワインかもしれませんが。

こういう造り手の一級畑を飲む機会に、そう感じます、はい。

 

スタッフ一同、お待ちしておりますm(__)mm(__)m

| - | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
パンいろいろ

 

 

 

 

 

20170516_182321.jpg

 

カウンターのお客様から

「それ、ちょうだい、一切れ」

と言われる事があります。

 

特に、左側のタイプのパン。

手前は、クルミ&レーズン

奥は、オリーブ。

 

オリーブ入りのパンは、珍しいと思います。

「初めて食べた!」という、お声を聞きます。

ワインに合う事、請け合いです、はい。

 

何年か前、、、

酔った勢いなのか、よほど魅力的に映ったのか分かりませんが、

手掴みで、カウンターに置いてあったこのパン(1/2くらいのサイズ)を食べ始めたヒトがいました。

もちろん全部食べて頂きました。

 

一枚からスライスできます、お申し付けください(^O^)

 

大通3丁目 a ton cote ア・トン・コテ さんのパン達です。

 

| - | 18:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
12日(金) アルザス グランクリュ、ニュイ プルミエクリュ 2007、正統シャンパン

 

 

 

 

20170511_193738.jpg

 

5月12日(金) スペシャル〜 グラスワイン〜♪

 

左から、

 

アルフレッド・グラシャン (エペルネ)

先月開けた時には、

”コレ本当においしい、初めて飲んだ”

”あんまり見たことないけど、おいしいね”などと喜んで頂けました。

なので、今回もオススメしたいです。

1杯 ¥2,200  限定5杯

 

ニュイ・サン・ジョルジュ プルミエクリュ  クロ・デ・グランド・ヴィーニュ 

モノポール

2007

CH ド ピュリニー・モンラッシェ

ブルゴーニュでは珍しいCH(シャトー)の名がつくドメーヌです。

そのCHの所有者や、この畑の所有者が移り変わりました。

今、それらを所有しているのは、ヴォルネイ村のドメーヌ ド モンティーユです。

函館にワイナリーを作ると話題になっているあのドメーヌです。

2週間前に開けた時は、引き締まった華やかさがグラスから立ち昇ってきました。

その時のご感想は、

”そうそう、これこれ! これがブルゴーニュのいい所なのさ”  

¥2,600 限定5杯

 

右の 背の高いボトル

グランクリュのアルザス リースリングです。

飲んだことあますか?

なかなかグランクリュを口にする機会はないのではないでしょうか?

”何を買ったらいいのかワカラナイ”

”値段が高い” と言われます、はい。

 

是非、これを飲んでみて下さい。

心地良く向かってくる最高峰のリースリングの香りに、うっとりできます。

畑の名前は、”アルテンベルク・ド・ベルビテン”

名生産者が所有しているピカイチの特級畑です。

舌かみますから、発音しないで読むだけにしてください。

1杯 ¥2,500  限定5杯

1杯だけでも満足度が高いです!

| - | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
アルザスあります

 

20170510_190323.jpg

 

アルザスいろいろ到着です♪

 

たとえば、

・昼と夜の時間が同じ事を指す”EQUINOXE”という名前のリースリング

・”野生の石ころ”が畑にあるから、それがワイン名になったピノ3種のブレンド

・アルザスの人が、何も考えないで飲む日常ワインのレベル高い味

 

などなどです。

 

アルザスファンは多いはずですが

飲む機会が少なくて、、、

というお声も聞きます。

| - | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP -
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode