札幌 すすきの ワインバー PINOT ぶろぐ。。。 

ワガママ大歓迎♪ 毎日開けたての
グラスワインがとっても豊富♪
札幌市中央区南6条西3丁目 南6条通り面す 南向き
第一すすきのビル2F
011-532-2021
定休日 月曜日、不定日曜日
19:00〜1:00 (金土 2:00)(日 0:00)
<< チーズいろいろ到着! | main | 14日(金)2002ボーヌ プルミエクリュ、2012ムルソー、ブラン・ド・ブラン プルミエクリュ >>
セラーにバスク語のサイン

20170409_191007.jpg

 

ワインセラーの側面に、サイン、サイン、サイン。

3番目のは、”バスク語(!)”です。

世界一難しい言語の1つと言われてる。

”ESKERRIK ASKO!!!” だけ覚えられました。

”どうも ありがとう!!!”です。

 

「何か書いてほしい」というお願いに、

2分間じっくり考えてから書いてくれました。

ASTOBIZA アストビザ ワイナリーの

JON ZUBELDIA ジョン・ズベルディアさんです。

 

中央卸売市場に見学に行ったら、

「バスクと並んでる魚や野菜の種類が同じで驚いた」と。

「ホッキ貝が大きかった」とも。

 

4月6日に来てくれました。

バスクに行ってみたくなるヒト達でした。

 

| - | 19:11 | comments(2) | trackbacks(0) | ↑TOP -
スポンサーサイト
| - | 19:11 | - | - | ↑TOP -
初めまして、Jinと申します。
先月、はじめてお店にお邪魔してすっかり
お気に入りになりました。
いい雰囲気のワインバーですね。

バスク語でありがとう!って
”ESKERRIK ASKO!!!” と言うんですね。
どのような発音か21日のライブに予約したので
その時教えて頂けますか。
よろしくお願いします。
| Jin | 2017/04/11 7:37 PM |
Jin様

発音は エスカリック アスコ です。
そのまま、です。

生産者の方が普通に喋ると、
日本人の耳には、”エスカリッカコ”と聞こえました。

(ちなみに、バスク語で、”こんにちは”の挨拶を覚えて話してみましたが、スルーされました。。。)

21日のライヴのご来店ありがとうございました!
素敵な演奏でしたね。
ベースの方の年齢と経験のギャップは、本当にビックリしました。

コメントの承認、お返事が遅くなりました。
申し訳ございません。

また、お越し下さい!
お待ちしております。
| PINOT | 2017/04/22 2:10 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pinot-marche.jugem.jp/trackback/2873
トラックバック
SPONSORED LINKS
PROFILE
LINKS
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
新着コメント
新着トラックバック
MOBILE
qrcode